トップページ 営業案内 定食メニュー 伝統と味 お問合せ お土産処けやき屋 喫茶かざぐるま
大自然の息吹を感じながらおく阿蘇間を味わう。幾百年の伝統と味

奥阿蘇 高森の古き良き昔懐しい味とのふれあい。田楽の里

田楽の里で、雑木林に囲まれた閑静なかやぶき民家。歴史の流れに堪えて、はぐくまれ愛され伝えられた高森田楽。広い庭園にこだまする野鳥のさえずりを聞きながら、心なごむくつろぎの休日、いこいのひととき。友人との語らいにご家族とのお食事に、田楽の里をご利用下さい。




伝統とこだわりの味

地元高森特産の「つるの子いも」を主にやまめ、山菜を織り混ぜながら、独特の山椒味噌、ゆず味噌で味付けし、昔ながらの囲炉裏を囲んで炭火で焼く素朴な郷土料理です。らくだ山公園の入り口にあり、雑木林に囲まれた茅葺屋根の築200年以上の建物が懐かしさを醸し出し、炭火の煙と味噌の甘い香りが漂います。隣接の1階お土産処「けやき屋」、2階喫茶「かざぐるま」のある建物は、明治時代の家屋を移築、力士小結二代目「佐田の山」の生家だったそう。


ごあいさつ
”田楽”は古い料理で、農家の五穀豊穣を祈願しての田楽舞いという踊りに由来します。
 高森町では、およそ250年前に諸国行脚に出た当地の村人が、京都や出雲で豆腐の田楽を食べて帰り、それをこの地特 産の里芋「つるの子いも」に応用したのが始まりと言われてい ます。それからは、各部落の寺院仏閣を中心に、成道会の日に段家門徒がお寺のお堂で、いも田楽を食べるようになり、その後は農家の囲炉裏端の食物として、あるいは作物の収穫が畑地でのねぎらいの料理として伝えられ、田楽の為の「つるの子いも」作りや自慢の味噌造りが競われました。


 今日、観光用に、ヤマメ、こんにゃく、豆腐、沢ガニなどが加えられバラエティーになり、現在の田楽料理に定着しておりますが、奥阿蘇の雄大な自然、素朴な人情、先人達が、残した生活の知恵、これらを含めてじっくりと味わっていただくのが、高森田楽の全てであると存じます。

店主


高森の郷土料理 | 土産処けやき屋 | 喫茶かざぐるま | 営業案内 | お問合せ | 田楽の伝統と味 | 阿蘇の写真集
田楽定食 | 山里定食 | 小枝定食 | 炭火鶏焼定食 | あか牛の耕焼定食 | LINK集 |お土産処けやき屋商品紹介

Copyright(C)2007 TAKAMORI DENGAKU NO SATO All rights reserved.